地方に移住と開業を考えたらすることは

地方に移住してから開業を考えている人の為の資金サポート

>

移住先での支援制度

住まいや暮らしに関する支援

住民の流出が進み、街の活気が失われてしまっている地方の自治体では、移住してくれる人に対して、住宅に関しての支援を手厚くしている地域が多いです。
北海道の上川町では、町内で住宅を新築した場合、最大250万円の補助金を交付しています。
長崎県の東彼杵町では、空き家バンクを利用して借りた空き家の機能向上のための改修費に最大100万円の奨励補助金を交付しています。
また、子育てに関係する支援に力を入れている自治体も多く、福井県の池田町では、0~3歳までのお子さんのいるお母さんに、町内で使用できる商品券2万円分が毎月支給され、子供1人あたりに現金1万円を現金で支給されます。
北海道釧路町では、1歳児未満の乳児のいるご家庭には、紙おむつ専用ごみ袋を、最大120枚交付、という、ちょっと変わった支援を行っています。

事業にかかわる支援制度

移住後の起業に対し、補助金や助成金を用意している自治体も多いです。
石川県かほく市では、空き家を再利用して飲食店や雑貨店など、事業を始める場合、物件の購入費や改装工事費に対して、最大360万円の補助金を交付しています。
長野県長野市では、移住して起業する50歳未満の人に初期投資費用、上限100万円を支援しています。(フランチャイズ店は除く)

事業に必要な資金補助以外でも、交通費の補助で支援を行っている自治体もあります。
長崎県島原市では、島原半島買いにある事業所の通勤に対して、交通機関利用または自家用車利用に対し、上限2万円まで支援する、島原市定住促進通勤支援補助金を交付しています。
栃木県那須塩原市では、新幹線通勤をしている方へ、定期券購入費用の一部を補助しています。
まだまだいろいろな支援がありますから調べてみると楽しいですよ


この記事をシェアする
TOPへ戻る