地方に移住と開業を考えたらすることは

地方に移住してから開業を考えている人の為の資金サポート

>

移住支援制度に関連する制度

移住を支援する制度

「移住支援制度」を受給した移住者を対象とした住宅ローンの金利優遇制度があります。
民間金融機関と、住宅金融支援機構が提携して行っている長期住宅ローンの「フラット35」では、金利を当初10年間、0.3%引き下げる「フラット35・地方移住支援型」という制度を設けています。
また、一般社団法人移住・住みかえ支援機構では、移住前に居住していた自宅を賃貸することで、定期的に家賃収入を得られるよう、有効活用を手助けする「マイホーム借り上げ制度」を設けています。
借主との間は定期借家契約(期限を設けて賃貸する)のため、将来戻る予定がある場合でも安心して賃貸することができます。
また、一人目の入居者が決定した後は、借り手がつかない場合でも家賃を保証してもらえるので、安定した賃料の収入を見込むことも可能です。

事業にかかわる支援制度

東京圏から移住してきた方を採用した事業者を対象とした「中途採用等支援助成金」を、居住地域を管轄しているハローワークが行っています。
採用活動で発生した経費の一部についての助成で、上限は100万円、中小企業の場合は経費の1/2、それ以外は1/3が対象となります。
また、起業者への融資であれば、必ずと言ってよいほど名前が出てくる、日本政策金融公庫も、例にもれず、支援資金制度を設けています。
移住者が開業や起業する際の融資として、7200万円(運転資金の場合は4800万円)を上限に、融資を行う制度「新規開業支援資金(国民生活事業)」を設けています。
Uターンなど、地方で起業する方に基準利率よりも優遇された利率(0.4%優遇)で融資を受けられますし、「起業支援金」および「移住支援金」の交付を受けていると、さらに0.5%優遇されます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る