地方に移住と開業を考えたらすることは

地方に移住してから開業を考えている人の為の資金サポート

>

移住支援制度について

起業支援金を受けるためには

「起業支援金」は、地域が抱える課題の解決のために作られた制度です。
そのため、支援金を受けるには、地域の課題解決を目指す内容の事業である必要があります。
具体的には、東京圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)以外の道府県または、圏内の条件不利地域で行う社会的事業であること、支援金事業の期間終了までに開業あるいは法人設立をすること、起業地である都道府県に居住または居住予定であること、です。
これらの条件を満たしていることを確認した上で、都道府県の担当部署に申請をします。
内容を担当部署で審査したうえで支給の判断が決定するわけです。
支給が決定すれば、起業に必要な経費の1/2相当額(上限200万円)が支給されることになりますが、実際に支払われるのは起業後、実績報告を提出した後になるため、起業資金に充当することはできません。

移住支援金を受けるには

東京23区に在住または東京都圏から23区に通勤している人が東京都圏外あるいは圏内の条件不利地域に移住し、起業または就職する場合に支援として支給されるのが、「移住支援金」です。
この時、就職は、地域の中小企業への就業、テレワークでの移住前の業務を継続する場合も対象となります。
単身者の場合で60万円、それ以外の場合100万円を上限として支給されます。
ただし、実施していない自治体もあるので、受給を検討している場合は、注意するようにしましょう。
都道府県単位ではなく、市区町村単位で、事業を実施している、していない、が細かく分かれています。
愛知県でいえば、名古屋市は実施しているけれども、常滑市は実施していません。(2022年1月現在)


この記事をシェアする
TOPへ戻る