地方に移住と開業を考えたらすることは

移住支援制度について

今まで暮らしてきた土地とは全く異なる地方に移住することとなると、何かと不安が山積みです。 最も大きいのは経済格差などから生じる収入の減少の可能性でしょう。 その不安を軽減するために国がおこなっている「移住支援制度」ですが、採択は各地方自治体の判断にゆだねられており、条件も細かく設定されています。

移住支援制度に関連する制度

国が行う「移住支援制度」に関連し、厚生労働省や日本政策金融公庫などにおいても、様々な制度が設けられています。 移住後の住まいに関する優遇措置や、移住先での起業をバックアップを目的としている様々な制度があります。 事業を行う経営者としては、スタッフ採用にも関わることですので、確認しておくとよいでしょう。

移住先での支援制度

移住先によって、その土地特有の支援制度を設けている自治体も多いです。 移住した先での開業や就職に関係するもの、住まい、結婚や子育て関係、通学、通勤にかかる交通費の負担など、実際に住み続ける時にはとても助かる支援制度が用意されています。 実際に行われている支援の一部についてご紹介します。

国が行っている移住支援制度

東京など、大都市圏に人口が集中し、地方では税制難や産業の後継者不足が深刻化しています。
そこで、2019年から6年間の期限限定で、「移住支援制度」がスタートしました。
これは、国および地方自治体が、地方へ移住し、起業をする方をバックアップする制度で、条件を満たせば移住支援や起業支援を目的とした補助を受けることができるというものです。
国が行っている支援としては、地域が抱えている問題の解決を目指している内容の事業を行う場合に、起業のための資金を助成する「起業支援金」があります。
支援金は最大で200万円、国の財源から支出され、都道府県により受付、実施されています。
そして、現在東京23区に在住、あるいは通勤している人が、人口が著しく低下したり、生産機能が低下しているような条件不利地域へ移住し、起業や就職する場合に交付される「移住支援金」があります。
こちらは最大で100万円、単身者の場合は最大60万円となっています。
支援金は貸付や融資ではないので、返済が発生しませんので、新しい土地でスタートする人にとっては、心強い制度です。
国だけでなく、様々な地方自治体でも、その土地特有の支援制度を設けています。
代表的なものとしては、移住先で農業を行う(就農)場合の支援金、移住先の家賃補助、結婚や子育てに対する支援金など、地域に長く根を下ろしてもらえるような支援が用意されています。
支援事業の内容は、各自治体によって様々で、中には行っていない地域もありますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

TOPへ戻る